« シアリスの使用禁忌(注意事項) | トップページ

2014年8月23日 (土)

「個人輸入」、「個人輸入代行」とは何?

シアリスを手に入れる方法は2つあります。
病院や診療所へ行き、医師に診察を受け処方してもらってから、入手する方法と、「個人輸入」、「個人輸入代行」で手に入れる方法です。
ここでは病院などの医療機関には行く方法ではなく「個人輸入」、「個人輸入代行」について解説します。
「個人輸入」、「個人輸入代行」では処方箋は必要ありません。
個人が海外から必要なもの(シアリス)を購入するのは合法です。
しかし「個人輸入」は結構めんどうです。
そこでその「個人輸入」を代行してくれる「個人輸入代行」の業者あります。
個人輸入代行業者に依頼する方法は、普段私たちが利用しているネット通販とほとんど同じです。
サイトから必要なものを必要数オーダーすれば商品は届きます。
代金の支払いも日本円で大丈夫ですし、銀行振り込みかカード決済も対応しています。
一つだけ注意するのは、薬事法に沿った方法でなければいけません。
では薬事法では何を気をつけなくてはいけないでしょうか?
①個人が利用する目的での個人輸入でなければならない
 あくまでも購入者だけの利用に限られる。
※販売目的や、他人に譲渡目的は禁止。
 
②  1回の輸入量は1ヶ月分に限る
  シアリス等のED治療薬は1ヶ月使う数量のみ輸入することが可能です。
  シアリスは「1日1錠の服用」と決められていますので、1回の輸入につき約30錠までとなります。
 
③男性限定
 シアリスを使用するのは男性ですから、購入は男性限定となります。
 ※妻がご主人のために購入は認められません。
医薬品の「個人輸入」、「個人輸入代行」は自己責任のもとで利用することが許されています。
※医師からSEXを禁止されている方(心血管系障害などのために医師から性行為が不適当と診断された方。)などは
バイアグラは服用を禁止してください。
「個人輸入」、「個人輸入代行」ではメリットが多々あります。
病院へ行かないので、診療代がかかりません。
処方箋も必要ありません。
価格的にも大幅に安く購入できる。
国内で発売されていないジェネリック品も入手できます。
ジェネリック品は成分が同じで、効果も同じで価格的にはかなりお買い得です。
商品も局留めにしてくれますので手間も省けます。
 
キチンとした個人輸入代行業者ならば、薬事法等のルールに則って運用されていますので安心して利用できると思います。

« シアリスの使用禁忌(注意事項) | トップページ

個人輸入、個人輸入代行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2053165/57164595

この記事へのトラックバック一覧です: 「個人輸入」、「個人輸入代行」とは何?:

« シアリスの使用禁忌(注意事項) | トップページ